フラッシュ脱毛 メリット
MENU

Perfumeの福岡☆チャートバスター及びR

threecatsRはラジオね!

 

チャートバスターはテレビ番組で、チャートバスターRはラジオです。

Perfumeがメジャーデビューしたばかりの頃にはゲストとしてたくさん出演していました。出演を繰り返すたびに、司会のたばっちさんから「おかえりなさい」と言われるくらいごひいきになっていました。

 

1 木村カエラさんがPerfumeを「良い~、良い~」と自身のラジオ番組で褒めていることを初めて知ったのも、この番組でした。たばっちさんが、当初木村カエラさんの名前を明かさず「大御所の女性歌手」と紹介したところ、あーちゃんはしばらく考えた末「天童よしみさん」と言っていました。

 

確かに大御所です。しかもある意味、演歌歌手の大御所がテクノポップユニットを褒めたとなると凄いことです。でも、残念、違いましたね~。

 

2 たばっちさんが、木村カエラさんの名前をあげたところ、またしてもあーちゃんは
「韓国のPerfumeじゃない?」というのです。「韓国にもPerfumeというグループがいてめっちゃかわいいの」疑り深いあーちゃんです。

 

3 たばっちさんが「木村カエラさんが、良い~良い~って掛ける曲は「チョコレイト・ディスコ」」と言うと、3人とも「きゃー」となって「うそ~」「信じられない」と叫んでいました。

 

ポリリズムがヒットして全国行脚をしている頃、やっぱりチャートバスターに登場すると「おかえりなさい」といわれてました。まだまだ福岡で単独ライブを行うには知名度の低いPerfumeのために、番組は公開収録という名目のライブを設定してくれています。

 

後日談によるとお客さんは30名程度だったようです。動画として残っている画面からはもっとたくさんの人がいるように感じました。これは、お客さんの数にかかわらず全力で演じる彼女たちの力によるものだと思います。このとき、遅れてきたひとりの若者が入り口近くでPerfumeの音楽にじっと耳を傾けていたのが印象深かかったと、たばっちさんが感想を述べていました。

 

アイドルを見に来たのではなくPerfumeのやっている音楽を聴きにきたのですね。

 

いよいよアルバム「GAME」の宣伝にPerfumeがチャーバスに登場します。アルバムとしては2枚目なのですが、1枚目が「コンプリート・ベスト」で新曲が1曲しか入っていなかったのでアルバムを制作したという感じがなかった、この2枚目の「GAME」が初めてのアルバムのような気持ちです、とPerfumeは一生懸命宣伝していました。

 

このときのあーちゃんによる中田ヤスタカ氏の憑依芸は秀逸です。大笑いです。

 

このアルバム「GAME」がデイリーでオリコン1位になり、ウィークリーで1位になりました。全国ツアー「GAME」の入場券も即日完売。ポリリズムによるブレイク後の圧倒的なスタイルを確立したのでした。

 

海外進出して超多忙なPerfumeになって、チャーバスのゲストになることがほとんどなくなってしまった感じですが、たばっちさんはいつでも「おかえりなさい」って言ってくれますよ。

 

武道館ライブであろうと、チャーバスの公開収録であろうと、目の前のお客さんを幸せにするPerfumeは、良い~良い~~~~~~。

同じカテゴリー「Perfume・ぱふゅ~む」の一覧

Perfume of Perfume

ファンになればファンクラブに入る?それは良い!ファンになればライブにでかける?それは良い!

記事の続きを読む

TOKYO GIRL

「東京タラレバ娘」の主題歌になっております。TV番組からPerfumeに入ってくる方々については大歓迎です。

記事の続きを読む

Perfumeのオフィシャルグッズは通販で入手可能です

ライブ会場でオフィシャルグッズを購入するのが最高の気分ですが、Perfumeのオフィシャルグッズを通販で手に入れることができます。

記事の続きを読む

Perfumeを泣かせた伝説の電話があります

Perfumeのラジオ番組で、ファンの方からの電話と直接会話するコーナーがあります。Perfumeとお話したいといことで、一生懸命申し込んでいる姿が目に浮かびます、そして繋がった時の驚きと感激が会話の中に伝わってきます。

記事の続きを読む

Perfumeのはじめての東京ドームライブは3人ともお客さんが集まるのか心配していました。

デビュー10年、メジャーデビュー5年のとき、Perfumeは東京ドームでライブをやりたい、とスタッ フにお願いしました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • PerfumeのCD売上が気になるところです

    Perfumeは自分たちの歌やダンスを通じてお客さんを楽しませたい、幸せにしたい、という願いを持っています。しかし、彼女たちがいる世界はボランティアの世界ではなくて、ショウビジネスの世界です。「シアワセ」という価値を「お金」と等価交換しているのです。そして、自分たちだけではなくて、自分たちの家族や、スタッフや、そしてスタッフの家族を養っているのです。

    記事の続きを読む

Copyright© 2018 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ