フラッシュ脱毛 メリット
MENU

スタートレック

ひと月600円ちょっとで、国内外映画、国内外ドラマ見放題というのがNetflixの謳い文句です。その中でスタートレック(日本での放映時は「宇宙大作戦」でした)が視聴できるのはうれしかったです。

 

3シーズンしかないので、本当はもっとあるはずでは、と思っていました。何より不思議だったのは、シーズン1の第1話がスポック以外はまったく知らない役者なことです。エンタープライズの船長がカークではない。さらに不思議なことに第2話から概ねあの知っているクルーになっているのです。

 

しばらくして、同じNetflixに、「スポックのために」という作品が登場しました。これはスポックを演じていたレナード・ニモイが亡くなって、それを悼む追悼の作品でした。

 

監督を務めていたのはレナード・ニモイの息子でした。色々な映像がある中でスタートレックに関わる映像が圧倒的でした。そしてスタートレックの第1話についてレナード・ニモイ本人が語っているシーンがありました。

 

第1話はパイロット版として作られ、当初没になったというのです。そしてスポック以外の役者を総入れ替えして再度パイロット版が作られ採用されたというのです。

 

ということは、テレビ放映されたのは第2話以降ということになります。Netflixは放映されなかったパイロット版まで収録しているとても親切な会社です。

 

ですがそのために若干の混乱が生じました。本編の第12~13話は、Netflix第1話をベースにした話なのですが、第1話のシーンがしつこいほどに登場するのです。最初は「??」でしたが、パイロット版でTV放映されていないとなれば納得です。視聴者にとってはすべて初めてのシーンだったのです。

 

スタートレックはまだ(地球)連邦とは接触していない未知の異星文明の発見を任務とするエンタープライズ号を主役?としたテレビシリーズです。「宇宙大作戦」として日本で放映されたとき感じなかった違和感を、Netflixで視聴することで感じました。

 

違和感とは、未知の惑星上を探査する時に、大気の組成をリモートで分析したのち、直ちに転送によって人間が惑星上に送り込まれることです。しかも、エンタープライズの船長、副船長、船の医療主任が必ずといっていいほど、エンタープライズ号を離れて上陸するのです。

 

組織として惑星探査を専門とするチームを編成しておく必要があります。船長というエンタープライズ号にとって欠くことのできない責任者が、自ら探査に向かうのは問題だと思うのです。ストーリーを面白くするためにいいのかもしれませんが、スッキリしないのです。

 

そして、探査は無人探査から始めるべきでしょう。大気の組成に問題はなくとも、どのような微生物が大気や地表、地中に存在しているかを確認しないのは非常に危険です。惑星特有の微生物の活動に耐性(免疫)がないことで死に至る病に感染する可能性があります。逆に人間が惑星上に致命的な病原菌を持ち込むかもしれません。

 

そんなことは百も承知で、やはりカーク船長とスポックとマッコイが、率先して未知の惑星に降り立つのでしょう。スペースオペラ、エンターテイメント、フロンティアスピリッツ、・・・それを具現化しているのです。

同じカテゴリー「銀河~宇宙」の一覧

スタートレック

ひと月600円ちょっとで、国内外映画、国内外ドラマ見放題というのがNetflixの謳い文句なのですが、スタートレック(日本での放映時は「宇宙大作戦」でした)が視聴できるのはうれしかったです。

記事の続きを読む

日本版GPS?準天頂衛星の気になること

準天頂衛星は日本周辺の上空での滞在時間が最大になるように軌道を設定します。衛星が3個あれば常時日本の上空に衛星が存在して、GPSの精度を向上させようという狙いです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • PerfumeのCD売上が気になるところです

    Perfumeは自分たちの歌やダンスを通じてお客さんを楽しませたい、幸せにしたい、という願いを持っています。しかし、彼女たちがいる世界はボランティアの世界ではなくて、ショウビジネスの世界です。「シアワセ」という価値を「お金」と等価交換しているのです。そして、自分たちだけではなくて、自分たちの家族や、スタッフや、そしてスタッフの家族を養っているのです。

    記事の続きを読む

Copyright© 2018 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ