フラッシュ脱毛 メリット

電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり(文庫本)

MENU
花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~ TOP  >  読書のおと  >  電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり(文庫本)

電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり(文庫本)

今、「電通」でググったら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

通支社幹部ら、近く書類送検へ 労基法違反容疑

違法残業が社内で常態化していた疑いがある広告大手、電通の捜査で、厚生労働省は20日、山本敏博社長から任意で事情を聴いた。関係者への取材で分かった。厚労省は中部(名古屋市)、関西(大阪市)、京都(京都市)の3支社に対する捜査を進めており、法人としての電通と、支社の幹部らを労働基準法違反の疑いで近く書類送検する方針だ。

厚労省による一連の捜査は、この書類送検で終結する見通し。今後の焦点は検察による刑事処分の判断に移る。

厚労省は、2015年末に過労自殺した新入社員の高橋まつりさん(当時24)の上司だった本社(東京)の幹部と、法人としての電通を、昨年12月に労基法違反の疑いで東京地検に書類送検した。中部、関西、京都の各支社でも、社員に違法な長時間労働をさせていた疑いがあるとみて、年明け以降も幹部や関係者から事情を聴くなど、大規模な態勢で捜査を続けてきた。

20日は山本氏にも任意で事情を聴いた。全社的に常態化していた長時間労働の実態などについて、経営トップに直接確認したとみられる。山本氏は昨年末の書類送検を受けて引責辞任した石井直(ただし)社長の後任として、今年1月に社長に就任したばかり。

厚労省は早ければ月内にも、再度の書類送検に踏み切る方針。本社の役員らの書類送検については、慎重に判断しているもようだ。

(朝日新聞デジタル 2017年04月20日 22時33分)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この本は、この事案が世の中の話題になる直前に買ったのです。そもそも「気まぐれコンセプト完全版(35年分)」を買うときに、同じホイチョイ・プロダクションズだったので、ついでに買ったのです。

気まぐれコンセプトは1981年からビックコミックスピリッツで連載を開始したと書かれていました。ビックコミックオリジナル派の私がなぜ知っていたのか?そもそも気まぐれコンセプトが「広告代理店」を舞台にした話だとはまったく知らなかった?気がつかなかった?興味がなかった?ただただ面白ければよかった??

そういうことで、おまけで買った「電通ネタ」が超ブラック企業【本を買ったときはそうは思っていなかった】の本質を明らかにする本だったのではないのか??と思うのでした。

目次を見れば

~~~~~~~~~~~~~

■「戦略的気くばりとは何か」

→忙しい有能な人間ほど、露骨なおべっかに弱い

→気くばり一つで、ビッグ・プロジェクトを成功させた男

→プライドは高く、腰は低く

→小さな「貸し」を、こまめにつくる技術

→「気くばり」は、グローバル・スタンダード

→明確な目的のもとに相手の歓心をを買う

→健全なる野心家になるために

■「THIS IS JAPANESE BUSINESS MANNER」

①安物の同じボールペンを必ず2本持ち歩く。

②お詫びやお礼をメールだけでは済まさない。

③名刺は1ミクロンでもいいから、相手より下から出す。

④得意先の吸っているタバコを常に携行する。

⑤トヨタの人を接待して送るときはトヨタ車のタクシーを拾う。

⑥ビジネス・メールには極力、人間の体温を残す。

⑦どうでもいい小さい仕事ほどすぐに片付ける。

⑧3日後に100%の答えを出すより、翌日、60%の答えを出す。

⑨会議中に携帯電話を受けるときは、事前に、「途中、1本電話を受けてよろしいでしょうか」と断る。

⑩接待の席には、相手の家族向けのおみやげを用意する。

⑪見送りはタクシーが角を曲がるまでおじぎをつづける。

⑫得意先にタクシーで行くときは100m手前で降りて歩く。

⑬得意先の建物に入る前にコートは脱ぐ。

⑭宴会やゴルフには、写真係りを置く。

⑮ゴルフでは消しゴムを持ち歩く。

⑯葬儀用に、白黒の名刺を用意する。

⑰葬儀は必ず最後まで参列する。

⑱人事情報はどこよりも早く掴む。

⑲得意先からかかって来た電話でこちらの用件を言うときは、「いただいた電話で恐縮ですが」と言う。

⑳接待では、相手の行きつけの店を予約しこっちが払う。

㉑メールを送ったら必ず電話で確認する。

㉒土下座は、相手の怒りのピークではしない。一晩おいて、翌日みんなでする。

㉓メールでccは多用しない。相手の文面は要約して送る。

㉔服は自分のために着るものではない。得意先のために着るもの。

㉕常に爪を手入れしておく。

㉖宴会のために揃いのハッピを作る。

㉗いただいた名刺は、しまう前に一文字残らず読む。

㉘会議室は最後に出る。建物は最初に出る。

㉙クリップは絶対に相手の社名や「御中」にかけない。

㉚口が裂けても逆接の接続詞は口にしない。

㉛得意先とエレベーターに乗るときは先に乗ってボタンの前に立ち、開閉操作をする。

㉜書類に上司と並んでハンコを押すときは、上司より下に斜めに傾けてつく。

㉝ビール瓶はラベルが得意先に見えるように置く。

㉞得意先とタクシーに乗るときは必ず助手席に座る。

㉟得意先の前では、「仕切る」「にぎる」など業界用語を使わない。

㊱常に面白い話題を持っている。

■あとがき

→土壇場で人を動かすのは「情」である

→プランニングや調査より「気くばり」のすすめ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このように列挙すると、ブラックな気がしないけど、多分ひとつひとつが異常に極端なんだと思います。広告の企画は、ずば抜けたアイディアがなければ似たりよったりになる?のかもしれません。そうなると、情に訴え、歓心を買った方に軍配が上がるのかもしれません。

企画と接遇、失礼のない接遇は必要です。でも、行き過ぎれば人の心を破壊します。

きっと、電通マンの幹部やOBはニュースを見て、「そんなことで・・・、俺らの若い頃はもっと凄かったのに・・」と思っていたりするかもしれません。もしそう思っていたのなら、すでに心が壊れているのです。人の痛みがわからないほどに。

電通はニュースに取り上げられたので叩かれることが多いのですが、博報堂はホワイトな企業なのか、他の多くの企業はホワイトなのか・・・。大なり小なりブラックな気質はあると思うのです。でも、それを許す空気や風潮はあらためていかなくてはなりません。

人は何のために働くのか?

そういう問題だと思うのです。

同じカテゴリー「読書のおと」の一覧

電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり(文庫本)

この本は、この事案が世の中の話題になる直前に買ったのです。そもそも「気まぐれコンセプト完全版(35年分)」を買うときに、同じホイチョイ・プロダクションだったので、ついでにかったのです。

記事の続きを読む

死の艦隊(単行本)

普通の単行本よりコンパクトなので読みやすいかなと初めは思ったのですが、読み始めてすごく読みづらいことに気がつきました。

記事の続きを読む

天使で大地はいっぱいだ(単行本)

小学校5年のとき、担任は女の先生でした。クラス対抗のソフトボールの試合もありました。自分をサブのクラス担任キリコになぞらえて、練習をし試合に臨みました

記事の続きを読む

星になったチロ(単行本)

初版が1984年で、翌年の1985年に第31回全国青少年読書感想文課題図書になっています。主人公の犬のチロは、天文台長を務めていました。

記事の続きを読む

鋼の錬金術師(まんが)

錬金術は胡散臭いものの代名詞に使われています。しかし錬金術なくして今の科学、特に化学はありませんでした。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • PerfumeのCD売上が気になるところです

    Perfumeは自分たちの歌やダンスを通じてお客さんを楽しませたい、幸せにしたい、という願いを持っています。しかし、彼女たちがいる世界はボランティアの世界ではなくて、ショウビジネスの世界です。「シアワセ」という価値を「お金」と等価交換しているのです。そして、自分たちだけではなくて、自分たちの家族や、スタッフや、そしてスタッフの家族を養っているのです。

    記事の続きを読む

Copyright© 2018 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ