サムライブルー なでしこジャパン 八咫烏 

MENU
花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~ TOP  >  日常茶飯  >  サムライブルー なでしこジャパン 

サムライブルー なでしこジャパン 

最近のサッカー日本代表は調子が良いらしい。もっぱらYouTubeで観ているので日本贔屓(びいき)のバイアスがかかっているかもしれないですが、それでも日本が勝つ試合を観るのは気持ちが良いものです。

 

なでしこジャパンは2011年にワールドカップ優勝、2012年のロンドンオリンピックでは準優勝をしています。このときのなでしこジャパンは史上最強だったのではないでしょうか。ですが、最近のなでしこジャパンは強い。最強の時代に近づきつつあるようです。

 

サムライブルーはワールドカップの決勝トーナメントに進んでも8強に残ることに苦戦しています。しかし、最近のサムライブルーは強い。海外のクラブに移籍して活躍する選手が多くなり、精神的にも体力的にも当たり負けしないのが気持ちが良い。

 

サムライブルーやなでしこジャパンの胸に輝いているのは日本サッカー協会のエンブレム「サッカーボールを掴む八咫烏」です。八咫烏は3本足の由緒正しいカラスです。日本では由緒正しくとも、カラスをエンブレムにする国は他にないでしょう。鳥をエンブレムにするなら鷲とか鷹とかが妥当なところでしょう。

 

そんなサッカー日本代表のことを思っていると、普段は気づかなかったことに気づきます。見えても見えていなかった「KAMO SHOP」に気づきました。

ちょっと寄ってみましたが、サムライブルーやなでしこジャパンに関わる商品に溢れていました。記念?に何か買って帰ろうと思い見つけたのが

八咫烏のエンブレムが入った「下敷き」です。誰かのユニフォームは買わんのかい~、とツッコミが入りそうですが、買いません。

ちなみに、この下敷きの裏面は、ピッチになっています。

 

 

 

 

同じカテゴリー「日常茶飯」の一覧

サムライブルー なでしこジャパン 

最近のサッカー日本代表は調子が良いらしい。もっぱらYouTubeで観ているので日本贔屓(びいき)のバイアスがかかっているかもしれないですが、それでも日本が勝つ試合を観るのは気持ちが良いものです。

記事の続きを読む

鳥獣戯画:ウサギだから

動物を擬人化して絵巻のように描かれている「鳥獣戯画(正式には鳥獣人物戯画)」は、マンガのルーツともいえます。

記事の続きを読む

電子印鑑

まず「電子」の部分ですが、パソコンの中のデータとの意味で用いていると思われます。次に「印鑑」ですが、データとしての「印影」を指していて、このデータが実印や銀行印として登録されていることと解釈できます。

記事の続きを読む

八咫烏(やたがらす)

なにかとダークなイメージの烏(カラス)ですが、足が3本になると格が違ってきます。その昔、神武東征の頃、神武天皇を大和の橿原まで先導したのが三本足の八咫烏(やたがらす)なのです。

記事の続きを読む

iPS細胞技術の普及に寄与

iPS細胞技術による医療を誰もが良心的な価格で受けられるように、毎月1,000円の寄付を始めました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • 「最も成功した失敗」:アポロ13号

    アポロ13号は本来の任務は達成できなかったので失敗です。しかし、宇宙飛行士の生命の危機を克服して、月の周回軌道から無事に地球に帰還させたあらゆる行動は、人類の至宝としていつまでも語り継いでいかなくてはならないものだと思います。

    記事の続きを読む

Copyright© 2024 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ