MENU

「最も成功した失敗」:アポロ13号

 

誰でも失敗したことをあれこれ言われるのは好きではありません。ましてや、その証拠をいつまでも晒されたくはありません。

 

それ以前に、失敗を失敗と認めたくない、という心理があります。他人からとやかく言われるのは惨めです。だれでも成功を誉めそやしてほしいのです。ましてや、失敗を恥と思うと、失敗を積極的に公に曝したくありません。

 

でも、否応なしに失敗を公に曝され続けて、しかも極限のピンチを切り抜けた貴重な教訓があります。すべて記録が残されています。すばらしい宝です。

 

アポロ13号は本来の任務は達成できなかったので失敗です。しかし、宇宙飛行士の生命の危機を克服して、月の周回軌道から無事に地球に帰還させたあらゆる行動は、人類の至宝としていつまでも語り継いでいかなくてはならないものだと思います。

 

アポロ13号 奇跡の生還

当事者がまだ生きているうちに映像に残せて良かった。文字の記録として残すことも大事ですが、映像として本人たちが語っているというのも非常に重要です。

 

コントロールルームの機器や、アポロ宇宙船に搭載されているコンピュータは今から見るとiphoneの機能より劣っているかもしれないけれど、その前で困難に立ち向かっている人たちは、できうる最善を尽くしました。

 

フライトディレクター:ジーン・クランツ

「落ち着け 問題を解決するぞ 推測でこれ以上状況を悪くするな」

「ミッションコントロールの基本的な考え方は、まず第1に、問題が発生したときには、考える時間を稼げる方向を選べ。第2に、もしこのあと状況が悪化したとしても、できるだけ多くの選択肢が残る方向に動け、なんです。」

 

・・・珠玉のことばに溢れています。何度観ても学ぶことが尽きません。

同じカテゴリー「地球~銀河~宇宙」の一覧

アポロ11号の謎。アームストロング船長が手動操縦で月着陸を行った理由とは?

米国東部時間1969年7月20日午後4時18分、日本時間1969年7月21日午前5時18分にアポロ11号の月着陸船イーグルは静の海に着陸しました。

記事の続きを読む

唇に歌を、心に太陽を、そして地上にも太陽を

ITER(イーター)は、50万キロワットの核融合出力を長時間に渡って実現することで、核融合発電の実現可能性を実証するための実験炉です。開発計画によれば、2025年にITERに核融合の火が灯る予定です。

記事の続きを読む

引力と重力

ニュートンが発見したのは万有引力の法則、アインシュタインが発見したのは重力方程式。引力と重力の違いとは?

記事の続きを読む

映画「アポロ13号」:気になった日本語字幕のセリフとは

NETFLIX版「アポロ13号」を見て、次にBS版「アポロ13号」を見たとき、字幕で「ん?」というところが1か所ありました。翻訳者が違うのですから言い回しは少しづつ違うのは当たり前です。そうなのですが、他のところは気にならないのに、そこの箇所はひっかかったのです。

記事の続きを読む

日本の宇宙開発

長期間宇宙に滞在する人体には重力が必要です。宇宙での生活空間に、回転で発生する遠心力を人工重力として使って、快適な宇宙ライフを楽しむのは、もう少し先のことになりそうです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2020 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ