MENU

日本の月着陸機 SLIM & LEV

2024年1月20日0時20分に小型月着陸実証機が月面に着陸しました。
たまたま記者会見場の実況中継をYouTubeで観ていましたが、いつまで経って会見が始まらなく、ようやく会見が始まったのが2時ころで、しかも全員渋い顔だったのです。

 

「これは着陸に失敗したな」という感想をもったのですが、発表された内容は、着陸したこと、LEVは予定通り月面に放出されたということでした。
「??」何で会見が遅れたの?

 

太陽光パネルが発電していない、とのこと。なるほど原究明と復旧作業をしていたのですね。

 

とにかく、月面に探査機を軟着陸させたのは世界で5番目の国となったわけです。

その後、SLIMをLEV2のカメラで撮影し、画像をLEV1を中継して地球に送信したとのこと。

JAXAのホームページから引用
https://www.isas.jaxa.jp/home/slim/SLIM/gallery/index.html

 

高度50mでトラブルが発生し、SLIMはこのトラブルを自律的に把握、状況を判断して無事に着陸に至ったとのことです。
そのトラブルとは、2個あるメインエンジンのノズルうち1個が脱落した模様。
残り1個のメインエンジンでよく破綻せず着陸シーケンスを続行できたものだと感心してしまいます。

 

着陸姿勢は想定外で、当初太陽光パネルに太陽光が当たらなかったため発電しなかったようですが、じきに発電を始めたのは幸運でした。

 

やがてSLIMが着陸した地点に14日間の夜が訪れマイナス170℃の世界になります。

 

夜明け後に活動の再開はあるのか?
続報を待ちましょう。

同じカテゴリー「地球~銀河~宇宙」の一覧

日本の月着陸機 SLIM & LEV

2024年1月20日0時20分に小型月着陸実証機が月面に着陸しました。

記事の続きを読む

天の川銀河中心の超巨大ブラックホール

2022年5月12日に、私たちが所属する天の川銀河の中心にあるとされているブラックホール「いて座A*(いてざエースター)」の撮影に成功したとの発表がありました。

記事の続きを読む

A.アインシュタインの相対論

2005年は「世界物理年」と称して、世界各地でさまざまな催しが開催されました。これは「1905年:奇跡の年」の100周年を記念したものです。

記事の続きを読む

はやぶさ2の拡張ミッション

はやぶさ1は帰還カプセルと共に大気圏に突入して燃え尽きましたが、はやぶさ2はカプセルを分離した後、拡張ミッションの途につきました。

記事の続きを読む

アポロ11号の謎。アームストロング船長が手動操縦で月着陸を行った理由とは?

米国東部時間1969年7月20日午後4時18分、日本時間1969年7月21日午前5時18分にアポロ11号の月着陸船イーグルは静の海に着陸しました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • 「最も成功した失敗」:アポロ13号

    アポロ13号は本来の任務は達成できなかったので失敗です。しかし、宇宙飛行士の生命の危機を克服して、月の周回軌道から無事に地球に帰還させたあらゆる行動は、人類の至宝としていつまでも語り継いでいかなくてはならないものだと思います。

    記事の続きを読む

Copyright© 2024 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ