フラッシュ脱毛 メリット
MENU

日本版GPS?準天頂衛星の気になること

 準天頂衛星という言葉を初めて聞いたのは2003年ころでした。

 まだ、計画段階で、私が所属している団体からも出資して優先的に使用する権利を取得しないか、というものでした。まっとうなメーカーが主催してのお話だったので、お金があればそのような衛星ビジネス?にも耳を傾けたのでしょうが、金のない団体としては、衛星が健全に運営された時点で多くの利用者と一緒に相乗りして借料を安くして使用することが精一杯だろうということでした。

 GPSといえばアメリカのナブスター(NAVSTAR: Navigation Satellites with Time And Ranging)のことを指す言葉ですが、ロシアのグロナス(GLONASS)やヨーロッパのガリレオ(Galileo)も全てGPSと呼んでしまいます。

 準天頂衛星は日本周辺の上空での滞在時間が最大になるように軌道を設定します。衛星が3個あれば常時日本の上空に衛星が存在して、GPSの精度を向上させようという狙いです。あくまでのNAVSTARGPSを補完するシステムだったはずです。

468479

 それが、最近の報道によればヨーロッパのガリレオ(Galileo)との相互乗り入れにより日本だけではなく、カバーする地域を世界中に拡大するというものです。

 意味するところが分かりません。

 狙いは日本で開発された自動運転技術等の世界展開だと報道していましたが、なぜガリレオ(Galileo)で、NAVSTARGPSではないのか、というところです。一般向けの報道は、分かりやすい言葉で説明するためややもすると結果的に真実とはやや遠めの表現になったりするので、真相は別の情報を検索する必要があるでしょう。

 「真実ド真ん中とは違う」というと問題発言ですが、準天頂衛星という言葉の説明に「日本版全地球測位システム」という言葉を使うあたりがどうしても・・ということです。

 準天頂衛星は、日本周辺の測位精度あげるための補完システムであって、決して「全地球」ではないからです。ただ、「日本版」と付けて耳障りの良さと分かりやすさを狙っていると思うのですが。

896beb327ab14fbabe8f11c97de53c7c_s

 ややこやしい話は別にして、現在話題のポケモンGOはGPSの位置情報を使って遊ぶスマホゲームです。

 

準天頂衛星「みちびき」本格運用始まる

衛星測位システム「みちびき(準天頂衛星システム)」の本格運用が、2018年11月1日から始まりました。現在、衛星は1~4号機の4機が打ち上げられています。

 

準天頂軌道はどうなってるのでしょうか

地面に投影された軌道は不思議な8の字を描いていますが、天上での衛星は実際にはどう動いているのでしょうか? 地球の自転と衛星の動きがあいまって3次元の動画を使っても理解はとても難しいと思うのですがどうでしょう?

同じカテゴリー「地球~銀河~宇宙」の一覧

日本の宇宙開発

長期間宇宙に滞在する人体には重力が必要です。宇宙での生活空間に、回転で発生する遠心力を人工重力として使って、快適な宇宙ライフを楽しむのは、もう少し先のことになりそうです。

記事の続きを読む

系外惑星

系外惑星の系外とは、太陽系以外の別の恒星系ということで、そこに属する惑星を系外惑星というのです。

記事の続きを読む

「最も成功した失敗」:アポロ13号

アポロ13号は本来の任務は達成できなかったので失敗です。しかし、宇宙飛行士の生命の危機を克服して、月の周回軌道から無事に地球に帰還させたあらゆる行動は、人類の至宝としていつまでも語り継いでいかなくてはならないものだと思います。

記事の続きを読む

宇宙は膨張しているそうです

宇宙は膨張しているそうです。それも加速膨張しているそうです。夜空を見上げてもさっぱり分かりません。ロマンティックな話ではありますが。

記事の続きを読む

日本版GPS?準天頂衛星の気になること

準天頂衛星は日本周辺の上空での滞在時間が最大になるように軌道を設定します。衛星が3個あれば常時日本の上空に衛星が存在して、GPSの精度を向上させようという狙いです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ