フラッシュ脱毛 メリット
MENU

系外惑星

系外惑星の系外とは、太陽系以外の別の恒星系ということで、そこに属する惑星を系外惑星というのです

 

夜空を見上げれば、見えるのはみな恒星です。自ら光を発しない惑星は発見がとても困難でした。太陽系内の惑星ですら冥王星(今では準惑星に格落ちされてしまいましたが)のさらに外側に惑星が存在するのか確定されていません。

 

それほど難しい惑星探しを、光の速度をもってしても何年もかかるような遥か遠くの、いや何百光年、何千万光年という途方もない彼方の恒星を周回する惑星をみつけるなど不可能と考えられていました。ところが観測技術は予想を超えて進化して、系外惑星発見ラッシュの時代になっています。

 

恒星を周回する惑星が発見されて、次に皆が関心を寄せるのが、その惑星は生命生存可能な環境にあるのか、ということです。恒星の発するエネルギーをほどよく受け取るためには、ほどよくその恒星から離れていなければなりません。

 

近すぎてもだダメ、遠すぎてもダメなのです。ほどよい距離をハビタブルゾーンというそうです。水が、液体で存在できる適温に惑星があることが重要なのだそうです。あくまでも、炭素を主体とする生命を見つけたいみたいです。しかし、生命とは何か、という定義をしったり確立すれば、炭素主体ばかりのものが生命とはいえなくなるかもしれません。

 

ケンタウルス座α星は地球から約4.3光年の距離にある、太陽系にもっとも近い恒星です。この星は、実はひとつの星ではなく、みっつの星からなる三重連星系だそうです。α星Aとα星Bそしてα星Cからなり、AとBはほぼ太陽と同じ大きさですが、Cは太陽の十分の一程度の直径の赤色矮星で、別名プロキシマ・ケンタウリと呼ばれています。このプロキシマ・ケンタウリに惑星が見つかったというのが最近のホットな話題です。

 

太陽系にもっとも近いといっても、光の速度で4.3年もかかるのですから、半端な距離ではありません。そんな遠いところの恒星の挙動を観測して、惑星の存在を確定し、その質量や軌道まで計算してしまうのですからたいしたものです。

同じカテゴリー「地球~銀河~宇宙」の一覧

映画「アポロ13号」:気になった日本語字幕のセリフとは

NETFLIX版「アポロ13号」を見て、次にBS版「アポロ13号」を見たとき、字幕で「ん?」というところが1か所ありました。翻訳者が違うのですから言い回しは少しづつ違うのは当たり前です。そうなのですが、他のところは気にならないのに、そこの箇所はひっかかったのです。

記事の続きを読む

日本の宇宙開発

長期間宇宙に滞在する人体には重力が必要です。宇宙での生活空間に、回転で発生する遠心力を人工重力として使って、快適な宇宙ライフを楽しむのは、もう少し先のことになりそうです。

記事の続きを読む

系外惑星

系外惑星の系外とは、太陽系以外の別の恒星系ということで、そこに属する惑星を系外惑星というのです。

記事の続きを読む

「最も成功した失敗」:アポロ13号

アポロ13号は本来の任務は達成できなかったので失敗です。しかし、宇宙飛行士の生命の危機を克服して、月の周回軌道から無事に地球に帰還させたあらゆる行動は、人類の至宝としていつまでも語り継いでいかなくてはならないものだと思います。

記事の続きを読む

宇宙は膨張しているそうです

宇宙は膨張しているそうです。それも加速膨張しているそうです。夜空を見上げてもさっぱり分かりません。ロマンティックな話ではありますが。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ