MENU

広辞苑を3倍楽しむ【その2】

 

映画「舟を編む」は何度観ても飽きません。ですので、書店でこの本を見たとき思わず買ってしまいました。

 

科学に関わる著名人が広辞苑第7版(2018年1月刊行)から選んだ言葉をネタに書いたエッセイ集です。「広辞苑から選んだ言葉+それをネタにした科学エッセイ+カラー写真」で見開き2ページを構成しています。オールカラーなので目でも楽しむことができます。

 

50語が収録されています。この中で気になったのは「スノーボールアース」と「年縞」です。いずれも地球史に関係する言葉です。

 

スノーボール・アースはソフトな表現で、日本語では全球凍結。

 

理論的には全球凍結の方が知られていたらしいのですが、スノーボール・アースのネーミングで一気にメジャーになったようです。

 

22億2千万年前、7億年前、6億5千万年前にあったらしい。

 

年縞が地質時代の世界標準目盛りの一部に採用されたのは福井県若狭湾岸の近くにある水月湖です。

 

7万年分の季節の移り変わりが湖底に降り積もり保存されているそうです。

 

 

 

同じカテゴリー「読書のおと」の一覧

クリスマス・キャロル

素直に感動したいのなら、人間の善を信じたいなら、四の五の言わずにさっさと読むべき本です。クリスマスという1年のうちのたった1日しか奇跡が起きないのなら、それは偶然です。奇跡が毎日起こるのなら、それこそまさに奇跡です。

記事の続きを読む

広辞苑を3倍楽しむ【その2】

映画「舟を編む」は何度観ても飽きません。ですので、書店をでこの本を見たとき思わず買ってしまいました。帯に書いてあるように、科学に関わる著名人が広辞苑第7版(2018年1月刊行)から選んだ言葉をネタに書いたエッセイ集です。

記事の続きを読む

ファウスト

悪魔と契約を交わし永遠の命を得たファウスト博士の伝説とか言い伝えをゲーテがリメイクすると文学作品になります。本文を何度か読みましたが、場面の繋がりが分かりません。脚注を読んでもわかりません。解説を読んで初めて分かります。

記事の続きを読む

永遠の終わり

衝撃的な題名です。永遠が終わる? 矛盾した表現で強烈な興味をそそります。時間をテーマにしたアイザック・アシモフのSF小説です。

記事の続きを読む

日本書紀の謎を解く

日本書紀は当時の公用語の中国語(漢文)で書かれています。これは対外的、特に当時の世界の中心であった中国王朝に向けて、律令を整備し、正史を持ち、都の天皇を中心とした集権国家であることをアピールするための一大事業の一環であったからだと思われます。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ