CD-ROM付 電子回路シミュレータ(ブルーバックス)

MENU
花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~ TOP  >  読書のおと  >  CD-ROM付 電子回路シミュレータ(ブルーバックス)

CD-ROM付 電子回路シミュレータ(ブルーバックス)

この本は、Altium社の「Circuit-Maker 6.0 Student」(無料版)をCD-ROMに収め、その使い方を解説しています。ただ、Altium社は、現時点で有料版も、無料版もその提供を停止しています。この本で提供されているCD-ROMが現在唯一のシミュレータということになります。

 

このシミュレータはアナログデバイス、ディジタルデバイスの両方に対応しているので非常に便利ですが、一度に使える素子が50個までという制限があります。無料版ですから使用に制限が設けられれて当たり前でしょう。

 

デジタル回路はICの端子をロジックに従って繋いでいけば良いのでとても分かりやすいのですが、一方アナログ回路はとっつきにくくて苦手です。本当は、ディジタル素子といえども中身はアナログ回路ですので、アナログを理解することは必要なのでしょうが、今回の目的が、「M系列信号発生回路」を作成して、ディジタルオシロスコープで生成された信号波形を確認する、ということですので、

 

1 CD-ROMからPCへのインストールの方法。
2 回路図の書き方。
3 アナログ・ディジタル混在モードシミュレーション。
4 デバイスセレクションガイド。
のみしか読んでいません。

 

M系列信号を発生する心臓部はシフトレジスタです。そのシフトレジスタを駆動するのがクロック信号です。リアルな世界では、クロック信号は水晶発振子等を使って作り出すのですが、本シミュレータでは、「Data Sequencer」というデバイスが用意されていて、8bitバスの第1bitの出力信号を便宜的にクロック信号として使うように例題で示されています。

 

また、シフトレジスタの初期値を設定するためにロード信号が必要です。シミュレート開始のボタンを押した次のタイミングでこのロード信号を発生させてシフトレジスタを初期設定し、その後のシミュレートの間はロード信号を発生しないような回路を組みます。

 

周期の長いM系列信号を作ると、ディジタルオシロスコープの画面にM系列信号の全体像が納まらなくなるので、4bitシフトレジスタを1個使うことにしています。このシフトレジスタを多段にすればいくらでも長い周期のM系列信号を発生することができます。

 

別の回路を考えて、どうなるのか試したくなったら、再読するかもしれません。ただその時のPCのOSのバージョンによっては、このシミュレータが動かないかもしれません。

 

追伸:amazonで中古の「CD-ROM付 電子回路シミュレータ(増補版)」を試しで買ってみたのですが、送られてきた本にはCD-ROMが入っていませんでした。「それじゃぁ買った意味ないじゃん」ということで、そのような方々の救済処置として、以下からダウンロードできるようにしてみました。(zipで圧縮しています)

 

Circuit-Maker 6.0 Student

 

ダウンロード途中で「危険」と注意喚起があるかもしれませんが、問題ありませんのでダウンロードを続行してください。ダウンロード後は解凍して、PCにインストールしてください。本書がないままダウンロード、インストールしても、多分使い方が全く分からないと思います。あくまで、本は購入したもののCD-ROMが付いてなかった場合の救済処置ですので、そこんとこヨロシク。

同じカテゴリー「読書のおと」の一覧

クリスマス・キャロル

素直に感動したいのなら、人間の善を信じたいなら、四の五の言わずにさっさと読むべき本です。クリスマスという1年のうちのたった1日しか奇跡が起きないのなら、それは偶然です。奇跡が毎日起こるのなら、それこそまさに奇跡です。

記事の続きを読む

広辞苑を3倍楽しむ【その2】

映画「舟を編む」は何度観ても飽きません。ですので、書店をでこの本を見たとき思わず買ってしまいました。帯に書いてあるように、科学に関わる著名人が広辞苑第7版(2018年1月刊行)から選んだ言葉をネタに書いたエッセイ集です。

記事の続きを読む

ファウスト

悪魔と契約を交わし永遠の命を得たファウスト博士の伝説とか言い伝えをゲーテがリメイクすると文学作品になります。本文を何度か読みましたが、場面の繋がりが分かりません。脚注を読んでもわかりません。解説を読んで初めて分かります。

記事の続きを読む

永遠の終わり

衝撃的な題名です。永遠が終わる? 矛盾した表現で強烈な興味をそそります。時間をテーマにしたアイザック・アシモフのSF小説です。

記事の続きを読む

日本書紀の謎を解く

日本書紀は当時の公用語の中国語(漢文)で書かれています。これは対外的、特に当時の世界の中心であった中国王朝に向けて、律令を整備し、正史を持ち、都の天皇を中心とした集権国家であることをアピールするための一大事業の一環であったからだと思われます。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ