映画「アポロ13号」:気になった日本語字幕のセリフとは

MENU
花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~ TOP  >  地球~銀河~宇宙  >  映画「アポロ13号」:気になった日本語字幕のセリフとは

映画「アポロ13号」:気になった日本語字幕のセリフとは

アポロ11号の月面着陸から50年の節目の年に、月を目指していた時代の記録映像を放映する番組を頻繁に目にするようになりました。

 

映画「アポロ13号」のNHKBSでの放映、同じく「アポロ13号」のNETFLIXでの登場、NETFLIXでの「アポロ管制センターの英雄たち」の放映、NHKBSのコズミックフロントネクストではアポロ8号が取り上げられ、NHKBSのザ・プロファイラーではアポロ11号の船長ニールアームストロングの人生に焦点があてられていました。

 

動画を見るときは、「会話は英語、字幕は日本語」にしています。
NETFLIX版「アポロ13号」を見て、次にBS版「アポロ13号」を見たとき、字幕で「ん?」というところが1か所ありました。
翻訳者が違うのですから言い回しは少しづつ違うのは当たり前です。そうなのですが、他のところは気にならないのに、そこの箇所はひっかかったのです。

 

BS版アポロ13号:「宇宙船の利点は?」

 

 

NETFLIX版アポロ13号:「肯定的な要素は?」

 

【宇宙船の利点】とは何なのだろうか?という疑問が生じたわけです。

 

NETFLIX「アポロ管制センターの英雄たち」にも同じ場面があったので、どのような日本語になってるのか見てみました。:「何が無事だと思う?」

 

これは、原文(英文)を見て比較してみる必要があります。
幸い、NETFLIXは字幕を様々な国の言語に変えられるので、「字幕:英語」にして確認してみました。

 

アポロ13号「what do we got on the spacecraft that’s good?」

 

アポロ管制センターの英雄たち「what do you think we’ve got in the space craft that’s good?」

 

ほとんど同じ英文なのに字幕は「宇宙船の利点は?」「肯定的な要素は?」「何が無事だと思う?」に分かれていきます。

 

映画の字幕は字数が制限されるので、一般的な本の翻訳とは異なるテクニックが必要なのかもしれません。

この「what do you think we’ve got in the space craft that’s good?」が発せられる前に【首席管制官の】ジーン・クランツは、何と言っていたのか。そこからの流れも含めて探ってみます。

 

アポロ13号:
「Can we review our status here, Sy? Let's look at this thing from stand point of status.
What do we got on the spacecraft that's good?」

→NETFLIX版
「【電力・環境担当官の】サイ、ここでいったん状況を整理してくれないか。
肯定的な要素は?」

→BS版
「状況をもう一度見直してくれ、あらゆる角度から。
宇宙船の利点は?」

 

アポロ管制センター:
「Can we review our status here,Sy, and see what we’ve got from a standpoint of status?
What do you think we’ve got in the spacecraft that’s good?」
「ステータスを見直して何か分かるか?
何が無事だと思う?」

 

この場面は、アポロ13号の機械船の爆発により燃料電池が壊滅的な打撃を受け、月着陸の任務をあきらめるどころか宇宙飛行士の命も危うい状況が発生して、ジーンのもとに絶望的な情報が次々と報告されている最中なのです。

 

となると、何か希望を見いだせる情報はないのか?という気持ちで発せられた言葉ではないでしょうか?

 

これを踏まえると、最適字幕は「肯定的な要素は?」、次に「何が無事だと思う?」、そして「宇宙船の利点は?」だと思うのです。

同じカテゴリー「地球~銀河~宇宙」の一覧

引力と重力

ニュートンが発見したのは万有引力の法則、アインシュタインが発見したのは重力方程式。引力と重力の違いとは?

記事の続きを読む

映画「アポロ13号」:気になった日本語字幕のセリフとは

NETFLIX版「アポロ13号」を見て、次にBS版「アポロ13号」を見たとき、字幕で「ん?」というところが1か所ありました。翻訳者が違うのですから言い回しは少しづつ違うのは当たり前です。そうなのですが、他のところは気にならないのに、そこの箇所はひっかかったのです。

記事の続きを読む

日本の宇宙開発

長期間宇宙に滞在する人体には重力が必要です。宇宙での生活空間に、回転で発生する遠心力を人工重力として使って、快適な宇宙ライフを楽しむのは、もう少し先のことになりそうです。

記事の続きを読む

系外惑星

系外惑星の系外とは、太陽系以外の別の恒星系ということで、そこに属する惑星を系外惑星というのです。

記事の続きを読む

「最も成功した失敗」:アポロ13号

アポロ13号は本来の任務は達成できなかったので失敗です。しかし、宇宙飛行士の生命の危機を克服して、月の周回軌道から無事に地球に帰還させたあらゆる行動は、人類の至宝としていつまでも語り継いでいかなくてはならないものだと思います。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ