MENU

犬でもわかる現代物理学

ブックオフで買いました。「シュレジンガーの猫」という有名な例えがあることで、現代物理学(量子力学)と猫はとても仲良しなのですが、犬とも相性が良いのかと不思議に思い、手にとって「はじめに」を読んでみました。

 

たとえ話には違いないのですが、犬と物理学者の会話を通して、犬の目線で量子力学を読み解くという斬新な解説本でした。それでも理解できたのは半分くらいかもしれません。アマゾンで評価を見てみると★5つで「分かりやすい」というものでした。誰が読者なのか?

 

理解できたものに〇、理解不能に×、理解は難しいが雰囲気でわかったつもりに△をつけてみると、

第1章 波動と粒子の2重性 〇

第2章 ハイゼンベルクの不確定性原理 〇

第3章 コペンハーゲン解釈 △

第4章 多世界解釈 △

第5章 量子ゼノン効果 ××

第6章 量子トンネル効果 〇

第7章 量子もつれ ×

第8章 量子テレポテーション △

第9章 仮想粒子と量子電磁気力学 △

第10章 量子物理学の乱用 ◎

半分というか、ほとんど分かっていないのが現状です。分からなかったから理解するまで読むということはありません。自分の分からない世界を分かる人たちがいるんだなぁ、とため息をついて、オシマイです。

 

最後の、量子力学の乱用は、今日からでも役に立つ情報です。すなわち、「量子力学という一般常識では理解できないものを逆手にとった詐欺」の話です。そういう輩はたくさんいる、実例を示すから注意せよ・・・というお話です。

 

同じカテゴリー「読書のおと」の一覧

クリスマス・キャロル

素直に感動したいのなら、人間の善を信じたいなら、四の五の言わずにさっさと読むべき本です。クリスマスという1年のうちのたった1日しか奇跡が起きないのなら、それは偶然です。奇跡が毎日起こるのなら、それこそまさに奇跡です。

記事の続きを読む

広辞苑を3倍楽しむ【その2】

映画「舟を編む」は何度観ても飽きません。ですので、書店をでこの本を見たとき思わず買ってしまいました。帯に書いてあるように、科学に関わる著名人が広辞苑第7版(2018年1月刊行)から選んだ言葉をネタに書いたエッセイ集です。

記事の続きを読む

ファウスト

悪魔と契約を交わし永遠の命を得たファウスト博士の伝説とか言い伝えをゲーテがリメイクすると文学作品になります。本文を何度か読みましたが、場面の繋がりが分かりません。脚注を読んでもわかりません。解説を読んで初めて分かります。

記事の続きを読む

永遠の終わり

衝撃的な題名です。永遠が終わる? 矛盾した表現で強烈な興味をそそります。時間をテーマにしたアイザック・アシモフのSF小説です。

記事の続きを読む

日本書紀の謎を解く

日本書紀は当時の公用語の中国語(漢文)で書かれています。これは対外的、特に当時の世界の中心であった中国王朝に向けて、律令を整備し、正史を持ち、都の天皇を中心とした集権国家であることをアピールするための一大事業の一環であったからだと思われます。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Copyright© 2019 花鳥風月の巻~普段の生活のなかの宝物を見つける~

ページトップ